トラッドジャズ その独特のノリはちょっとやそっとではできません!

西荻窪にあるトラッドジャズ専門のライブハウス
ミントンハウス

マスターがドラムスを担当するハウスバンドに
ゲストで出演することになり
先日リハがありました。

ああ、難しい!
いわゆるトラッドジャズの曲のコード進行は
シンプルのものが多くて覚えやすいのですが。。。
いざ演奏するとなると・・・
本当に難しいのです。

曲はシンプルでも
そのノリは言葉では言い表せない
説明のつかない
何とも言えない独特のものなのです。

ニューオリンズのミシシッピ川
その湿気を含んだ空気を漂わせる
2ビートのリズムは
ちょっとやそっとではできるものではありません。

味わい深いトランペットのIさんに助けられて
なんとかリハを終えましたが
どうしたものか・・・

「聴くしかないよ」
と諸先輩方の声が耳元でしてくるようです。

聴くしかないのです。

すべてはそこから。

関連記事
ニューオリンズジャズで感じたビート、それはゆきずりのおばあちゃんからだった!
ニューオリンズジャズを聴く。ハイタイムローラーズYeah!

PAGE TOP