ジャズバイオリン「アドリブを書く宿題」は 辛いけど「いと楽し」

娘が嫁ぎ
部屋が空いたので
ここぞとばかりに私の練習室に。。。

小さなキーボードを買ったのですが
これが大正解!

キーボードで音を確認しながら
宿題のアドリブソロをこねくり回して
消しては書き、書いては消し・・・

先生には
「一気に書き上げて」と言われたものの
フレーズの手持ちが少ないので
YouTubeを聞いたり
フレーズ集を開いてみたり
あっという間に時間がたってしまいます。

でもレッスンを受けて宿題が出なければ
絶対にやらなかったであろう作業です。

適当にパラパラと弾いて
いつまでたっても苦手な曲は苦手のままで。

「もう一滴も絞り出せない」
頭が真っ白になって途方に暮れますが
それもまた「いと楽し」

ということなのでしょう。

そうやって書いたアドリブ
もちろんそれで私のアドリブとして完成なのですが
もっとかっこ良くするために
先生のアドバイスを貰う。

「いと楽し」

PAGE TOP