音楽を聴いて「忘れていた日々とその感情」をありありと思い出す

先日のライブでのこと

「愛の讃歌」を演奏したところ

「昔、デザイナーのアトリエで働いていた頃
いつもエディット・ピアフのレコードがかかっていて
その頃を思い出したわ・・・」

とおっしゃるお客様がいらっしゃいました。

まるでパリのお針子さんの日常を歌った「マドモアゼル・ド・パリ」みたい!
と思いながら若き日のお話を伺いました。

別の日、たまたまリハを見学していた方が

「なんだろう。この曲を聴くとすごく懐かしいんだよ。
何か思い出しそうなんだけど・・・なんだろうなぁ。。。」

としきりに考えていらっしゃいました。

懐かしい日々、楽しいこと、悲しいこと・・・
同じ曲を聴いてもそれぞれ皆違うことを想います。

私たちの演奏を聴いて
その時の情景や感情をありありと思い出していただけたなら
それはとても光栄なことです。

失われた時を求めて・・・

PAGE TOP