真っ赤なブーティーに一目惚れ 何故か赤い物に魅かれる今日この頃

最近赤いものに魅かれて仕方ありません。

先日ふらっと入ったお店で
真っ赤なブーティーが目に飛び込んできました。

「なんて綺麗な赤なんでしょう!」

あの衣装にぴったりかも!
あのバッグに合いそう!

と心がはやります。

そしてやっぱり気になるお値段を見ると
ちょうどセールで値下がりしています。

一目惚れしたときは迷わず買おうと
決めているので
お店の方に私のサイズを出してもらいました。

ああ、少しきつい
左足がいつものように痛くなりそうです。

きついのに無理して買って
きついのに無理して履いて
そして履かなくなった経験もたっぷりあります。

ここはやはり涙をのんであきらめなくてはなりません。

よく考えると真っ赤なブーティなんて
今までだったら恥ずかしくて
絶対に履きたいと思いませんでした。

昔住んでいたドイツでは
おばあちゃんたちが赤やピンクの綺麗な色の洋服を
好んで着ていました。

反して若者たちは黒やグレーなどの
暗い色を着ていることが多かったように思います。

私も赤を身につけたいと思い
また
赤が似合う年頃になって来た
ということなのでしょう。

それにしても真っ赤なブーティー
もしサイズがあって買っていたら
どこで履いたのだろう。

PAGE TOP