大人の習い事 厳しいレッスンのありがたさ

これは大人の習い事についてですが、
厳しいレッスンは憂鬱です。

優しい先生のレッスンはきっと
人気があって楽しいのでしょう。

「上手ですね。いいですね。」
と褒められれば嬉しいけれど
それで果たしていいのだろうか?

自分の演奏を客観的に判断してもらうことは
本当に貴重です。

例えば
「音程が悪いです」とは誰も言ってくれません。
どんなに親しい友人でも
言われればちょっと嫌な気分になります。

その為に先生につくのです。

先生になら
「音程が悪い」と言われても
誰も文句は言いません。

できていないところを指摘してもらい
どうしたらいいかの教えを請う。

かのタイガー・ウッズにもコーチがいます。

どんなに素晴らしいプレイヤーも自分のことは
すべてわからないのです。

大人になってからのレッスン
もう弾けるのだからと思わず
受けてみる価値は大きいと思います。

 

音声配信しています

「なかむらゆうこViolin Channel」

PAGE TOP