何もしないのに疲れる時は「f分の1のゆらぎ」を感じてみる

自粛生活も段階的解除ということで
しばらくはダラダラと続きそうな気配です。

家にいるとどうしても
スマホやパソコンを見ている時間がぐんと増え
目はしょぼしょぼ
首はこりこり

ネガティブな情報もいつもより
目に入る機会も多くなって
何もしていないのにやたらと疲れます。

 

そういう時に
サーっと外から風が吹いてきて
カーテンが揺れるのを見ると
なんだかホッとします。

カーテンの隙間から見える
葉っぱが揺れていると
ネガティブな気持ちも薄らいでいきます。

気持ちいい!

これが「f分の1のゆらぎ」

小川のせせらぎ
雨の音
小鳥のさえずり
自然界に普通に存在する
とても気持ちのいいゆらぎです。

一定に見える動きの中に
予測できない動きがたまにまじっている。
(そんな扇風機もありました)

機械的な動きの中にはf分の1のゆらぎはありません。

音楽にもf分の1のゆらぎがあります。
例えば美空ひばりさんの歌声は有名な話です。

 

また

少しいびつだけれど味がある
手作りの物の暖かさ
これもf分の1のゆらぎです。

今後は今までにも増して
ゆらぎが大切になっていくような気がします。

 

PAGE TOP