「親子にとって怒濤の4月」気づけば今は穏やかな日々に

カレンダーを見ていてふと気づきました。

「4月なのに心穏やかだ!」

思えばこの数年の間
4月を4月と強く認識しないで過ごす事ができていました。

毎年この季節になると
子どもたちの誰かが

新しい学校
新しいクラス
新しい会社

に慣れるまで
毎日のように

「大丈夫だろうか?」
「行きたくないって言い始めるんじゃないか?」
「やめるって言うんじゃないか?」

と気が気ではありませんでした。

そして案の定しばらくすると
「ママ〜」
と甘えてくる子

何も言わず機嫌が悪くなり
部屋にこもってしまう子

不安な気持ちを家で発散して
大騒ぎする子

それぞれ表し方は違うものの
新しい環境に慣れようと必死でもがく姿を見ながら

甘える子にはただそこに座り
こもる子には「どうなの?」と声をかけ
騒ぐ子には全力で対抗し

嵐のような数ヶ月にぐったりしていたのでした。

そんな4月が
気がつけば他の月と変わらない日々になっていました。

気がつけば桜ももう終わり

こんな普通の日々が愛おしい。

 

PAGE TOP