映画「ギター弾きの恋」を観て数年前の自分を思う。

久しぶりに(テレビですが)映画を見ました。

「ギター弾きの恋」
ウッディ・アレン監督の名作です。

フランスのギタリスト
ジャンゴ・ラインハルトに憧れる若いギタリストの物語。

全編に散りばめられるジャズの名曲は
3年ほど前に勧められて観たときにはほとんど知りませんでした。

出て来るミュージシャンの名前も全く知らなかったのですが
今回は
すべての曲、ミュージシャン名がわかりました。

ジャズを演奏していれば当たり前の有名な曲や
音楽家たちですが
当時の私は本当に何も知らずにジャズをはじめたのでした。

恥ずかしい、でも嬉しい
そんな気持ちになりました。

 

PAGE TOP