ファミレスでコーヒーがシャツに。。。 でも店長の対応は紳士だった!

ファミリーレストランで食事をしました。

ドリンクバーに飲み物を取りに行き、
帰り道、従業員の方が作業する場所をつい通って近道したのです。

出会い頭にウエイターの方と思い切りぶつかり、
持っていたコーヒー2杯をまともに全面にかぶってしまいました。

やっぱり。。。
一瞬通るべきかどうか迷った…

お気に入りの黄色いシャツがコーヒーに染まりました。

ウエイターさんはすぐに
「火傷は大丈夫ですか?申し訳ありません」
とおしぼりと濡れ布巾をたくさん渡してくれて、
「クリーニング代はお支払いさせていただきます。」
ととても心配そう。

濡れた布巾で拭いているとどんどん取れてきたので、
彼に大丈夫だと伝えました。

名刺を渡され
「何かあればすぐにご連絡ください」と。

彼はその店舗の店長さんでした。

一緒にいた友人は
「もっとちゃんと言ったほうがいいよ!」と言っていましたが
なぜかちっとも腹が立たない。

なんでだろう?

考えてみると、店長さんは言い訳をしなかったのです。

もしも彼が
「お客様が従業員通路を通られたので…」とか
「お客様はあちらの通路をお通りいただかないと…」
なんて言っていたら、
きっと私は怒っていただろう。

私も自分も悪かったなと思っていたのだから。

彼は全く私責めずに
ただただ謝罪しました。
そして責任の取り方を明確にしました。

それがマニュアル通りだったとしても
とても気持ちが良かったのです。

幸い洗濯をしてみると
しみは綺麗になくなりました。

人は出来事に対して怒るのではなく、
その後の相手の対応のちょっとしたことで
腹が立ったり立たなかったりするんだなぁ。

シャツは元通りだし
店長さんに電話をしておこうと思います。

PAGE TOP