2月8日(金)「Tango Night」情熱的なタンゴをバイオリンとピアノのデュオで演奏します

2019年2月8日(金)
学芸大学駅徒歩1分
「Cherokee Live Tavern」でタンゴを演奏します。

デュオのお相手はピアニスト三嶋淳子さん。

三嶋さんとはここ数年、茅ヶ崎のライブハウス「マリー」で
(なぜか)クリスマスにタンゴを演奏しています。

ライブ前にはいつも我が家でリハをするのですが
わかっているのにやめられないのが「おしゃべり」

会うのが久しぶりなので
話題がつきません。

 

お互いの家族の話、音楽の話・・etc

「こんなことしてないで練習しなくちゃ!」
と慌ててリハーサルに取り掛かります。

おしゃべりの成果か
久しぶりの割には意外と息が合っています。

 

ライブでは
世界で毎晩のように演奏されていると言われる情熱的なタンゴ
「ラ・クンパルシータ」
自由を求めてアルゼンチンからイタリアに渡ったピアソラの
「リベルタンゴ」「オブリビオン」
ヨーロッパで流行ったコンチネンタルタンゴなど
有名な曲を演奏します。

2019年2月8日(金) 19:00〜2ステージ
学芸大学チェロキー・ライブ・タバーン
03-5708-5780

バイオリン 中村裕子
ピアノ   三嶋淳子

Music Charge 2,500円+2ドリンクご注文お願いします。
お食事・おつまみは持ち込み自由です!
お店で注文もできます。

ご予約はお店まで
 Cherokee Live Tavern ご予約

 

お待ちしております!

 

PAGE TOP