子どもは大人を真似て学んでいます

「真似る」は「真似ぶ」
「真似ぶ」が「学ぶ」だということは
よく言われていることですが

まさに
孫を預かって観察していると
本当にそう思います。

私が何気なく引き出しを開けて何か取り出すと
すかさず
同じように引き出しを開けて物を取り出しています。

電話も
受話器をあげてなんだかんだ喋っては受話器を戻す。

一体いつ見ているんだろうと思います。

大人の真似をしてどんどん物を覚えていくのです。

不機嫌な声や怒鳴り声もきっと真似することでしょう。

幼児は真っ白です。
周りの大人を見て育っています。
襟を正さなくては・・・
と心から思います。

PAGE TOP