「人に会わない」ことで見えてくること

ゴールデンウィークならぬ
「Stay Home Week」です。

人との接触を8割減らすのが必須だそうです。

私が自宅に安全にこもっていられるのも
医療関係の方々や物流、スーパー、コンビニ、ごみ収集
電気ガス水道などに関わる方々のおかげです。

他にも
私の目に見えないお仕事で通勤している方もたくさんおられると思います。

ありがとうございます!!

ここ数週間家にいて
家族以外の人と会わないと
色々なことになんとなく気づき始めます。

あまり必要のないことに執着していたこと。
(なんで買ったんだろう、この服?)
(なんでこんなにたくさんの物があるんだろう?)とか

全然連絡も取らないけれど
きっと大丈夫!と思える友達もいれば
連絡取らないから存在を忘れる人(多分お互い)

無意識に取捨選択を進めている自分に気づきます。

会っていないからこそ見えてくるその人こと
(多分お互い)

このウイルスショックの後
経済に大変な打撃があるのはもちろんですが
人間関係もとても大きな転機がきそうな気がします。

聞いたところによると
今、お客さんが来れなくて困っているお店も
常連さんがたくさんいるところは
ウイルス終息後、すぐに戻れるのだけれど
そうでないお店は淘汰されていく・・・と。

人も同じ

信頼関係で繋がっていた人とは続くし
損得や利害で繋がっていた人とは終わる。

そんな嗅覚が
人に会わないこの時期に育っていると思うのです。

一度安全を脅かされると
そんな動物的第六感のようなものが
顔を覗かせる、そんな気がします。

今日のYouTube「浜辺の歌」

PAGE TOP