バイオリンの弦が勝手に緩む時①

先日
高円寺で演奏した時のこと

クラリネットのソロが終わり、私の番になったのですが
「あれ、音が違う!」

なんとA線が緩んでしまってボヨボヨになっているではありませんか。

なんとか他の3本の弦でアドリブを弾きましたが
A線が使えないのはピンチでした!

ピアノソロの最中になんとか巻き戻しましたが
ああ怖い・・・

やっぱり乾燥がひどいから木が縮んでペグが回ってしまうのか。。。

そこで「dampit」
amazon dampit

細いチューブの中にスポンジが入っていて
それを水に浸してぎゅっと絞って
本来は楽器のf字孔から楽器の中にスルスルと入れて
湿気を保つものらしいのです。

私もやってみましたが
なんだか音が異様に響くようになってしまったので
楽器ケースの中に一緒に入れておくだけにしています。

乾燥しすぎて楽器が割れてしまうこともあるらしい。

湿気も大敵ですが乾燥も大敵

1年中乾燥しているヨーロッパではまだよくて
湿気と乾燥を繰り返す日本の風土が
あまり良くないとのことでした。

気をつけましょう。

 

PAGE TOP