ライブのリハーサルでは本番の靴を履きましょう

ライブのリハーサルでは本番の靴を履きましょう

ライブやコンサートなどで
当日衣装を着替えることがあります。

カジュアルな演奏では
ちょっと華やかな洋服で
(ちょっと恥ずかしい思いをしながら)
電車に乗って行き

そのまま演奏したりしますが

当日着替える場合
注意が必要です。

それはリハーサル

リハーサルは衣装に着替えてから
の方が本当はいいです。

なぜなら
袖がきついとか
座ったらウエストがきつすぎるとか💦
どこかが引っかかるとか

演奏に影響しかねない何かに
気づくかもしれません。

「着心地は分かっているから大丈夫!」

という衣装の場合は

安心ですが

靴だけは
本番のものを履きましょう。

座っての演奏だと
椅子の高さとヒールの高さが
意外と気になったり

ヒールの高さで
譜面台の高さが変わってきます。

本番で気づいても
途中でなかなか直せないものです。

私はいつも
演奏のことばかり気になって
気がつくと電車に乗ってきたそのまんまで
慌ててリハーサル。。。

「しまった」と思うことが多いので
書いてみました。

 

 

バイオリンカテゴリの最新記事