ナトン・ボナンさんのバイオリンを聴いて心が自由になりました。

ナトン・ボナンさんのバイオリンを聴いて心が自由になりました。

先日素晴らしいライブを聴きました。

フランスから来ている
バイオリニストのナトン・ボナンさん

5歳からバイオリンを始め
13歳からジャズを弾き始めたそうです。

先週行ったライブはモダンジャズ
一昨日行ったライブはジプシージャズでした。

驚いたのは
同じジャズでも
曲も違えばリズムも違う
共演する楽器も違うのに

ナトンさんの演奏スタイルは
そんなに変わらないこと。

淡々と
表情も変えずに(マスクしてるけど)
弾き続けるナトンさん

派手さはないけれど
その自由な演奏と歌心に
とてもとても惹かれました。

やはりフランス人だからなのだろうか?
小さい頃から聴いているからだろうか?

私などは

「ちゃんと弾かなければ」
「間違ってはいけない」
「ほんとはこの音出したいけど
    間違ってると困るから弾かないでおく」

つまり

「間違うのが怖い!」

「はずれるのが怖い!」

のです。

そして当たり障りのない演奏になっていく・・・💦

そしてもう一つ

ナトンさんの楽器は
ご本人も言うように
「友達から安く買ったバイオリン」で
松脂が真っ白に降り積もっておりました(^_^;)
(え?拭かないの?)

いわゆる
綺麗な音ではないけれど
淡々としているけれど

こんなにも
哀しげで心に響いてくる音色に
心癒されました。

ナトンさんのバイオリンを聴いてから
私の心は少し自由になった気がします。

もっともっと
自由に心の赴くままに弾いていいのだと
教えられました。

 

バイオリンカテゴリの最新記事