メロディーを素直に ストレートに弾く

ジャズで曲を弾くとき
メロディーを1コーラス弾いて、それからアドリブに入るのですが
私の中で
「メロディーをストレートにそのまま弾くのはつまらないんじゃないか」
「クラシック出身だから、譜面通りにしか弾けないと思われるんじゃないか」

という心配があって
ついつい全音符を我慢できずに
装飾音符をつけたり
語尾変化をさせてしまったりしていました。

バイオリンは音を減衰させずに弾き続ける事ができる楽器です。

そこを生かせばいいのに
何故か細かい音で空白を埋めたくなってしまうのです。

自分の演奏を録音して聴いてみると
それが実に耳障りなのです。

普通に聴いていたいのに
いろいろ細工するので
落ち着いて聴いていられない。

アドリブに入っても
なんだかあまり最初のテーマとの境目がはっきりしない。

だらだら続いている感じが否めません。

あ、今回はうまくいったな、と思う録音は
よく聴いてみると
実は何もせずに素直にメロディーを弾いているときなのです。

それが今回日野のイタリアン
「ラ・パラティーノ」で演奏した「ひまわり」でした。

エレピにも関わらず素晴らしい演奏のTAERUさん。
何も付け加えない私のメロディーに美しく合わせてくださいました。
そう、空間はピアノがこんなにも美しく埋めてくれるのです。

あまりにも有名で美しい曲なので
ただメロディーを弾けばそれだけでいいのです。

ロングトーンを我慢して引き続ける。
まずはそこから。

 

PAGE TOP