替えの弓はバランス、重さがいつもと変わらないものを

新しくカーボンの弓を買いました。
アメリカ「Coda Bow」社の「Luma 」です。

数年前に買ったYAMAHAの「SIlent Violin」
何度か使ったきりずっとそのままになっていたのですが

新しいカーボンバイオリンの具合が良いので
数人に
「サイレントバイオリンいらない?」
と尋ねたところ
見つかりました!

バイオリンは弾いた事がないけれど
興味がある、という彼。
素晴らしいミュージシャンなので
何なく弾いてしまいそうな気がします。。

付属のカーボンの弓も手放すので
新しく必要になったのです。

この「Luma」という弓、
4本試しましたがこれが一番今の木の弓に近いものでした。

やはり替えの弓は
持ったときに違和感のないもの
バランスと重さがいつもとさほど変わらないものが
いいようです。

最近では人工の弓の毛というのもあるらしく
それをピンクやブラックに染めて
かっこよく使う人もいるようです。

弓の毛替えは5千円〜6千円くらいなので
一度試してみるのも楽しいかもしれません。

PAGE TOP