バイオリンでジャズ弾いてみたい人はぜひジプシージャズのセッションへ!

バイオリンでジャズ弾いてみたい人はぜひジプシージャズのセッションへ!

ジャズバイオリンを弾く人
増えてきました。

私も演奏している
「ジプシージャズ」は
ギター中心の演奏ですが
バイオリンも欠かせません。

1930年代に
Django Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)のギターと
Stephane Grappelli(ステファン・グラッペリ)のバイオリンを中心としたストリングスジャズ楽団
「フランス・ホットクラブ五重奏団((Hot Club de France」が一世を風靡し
その後のフォロワーたちの演奏は「ジプシージャズ」と呼ばれるようになりました。

アイリッシュやブルーグラス、カントリーの場面では
フィドルはメイン楽器で花形ですが
いわゆる巷のジャズセッションでは
バイオリン奏者に会ったことは
ほとんどありませんでした。

セッションホストの方も
バイオリンをどう位置付けていいのやら
迷われることも多かったと思います。

楽器は弾けるが
ジャズは弾けない💦

メロディは弾けるが
アドリブはできない💦

そんな日々が延々と続いたのを覚えています。

大変ご迷惑をおかけしましたm(._.)m

ところが
ジプシージャズのセッションに行くと

今まで見たことのない数の
バイオリニストたちに会うことができます。

ジプシージャズのセッションは
個別にステージに上がって演奏するのではなく

全員が丸い輪になって
誰かが最初のメロディを弾くと
そのあと順番にソロをとっていきます。

★ソロが弾けない人は「パス」もOK
★メロディだけを弾いてもOK
★ギターでずっとバッキングだけでもOK

★見ているだけでもOK

というとっても優しい空間です。

人数が多いと
1曲で10分以上になることもしばしばです。

最後はお決まり

「Minor Swing」を全員で演奏!

バイオリンでジャズを弾きたいけど
いわゆるジャズのセッションはちょっと敷居が高い

そんな時は
ジプシージャズのセッションにぜひ!

コロナで中止しているところもありますが
東京、大阪はもちろん
全国各地で開催されています。

一部ご紹介します。

私も参加していますので
ぜひ一緒に演奏しましょう!

 

東京のジプシージャズセッション

神楽坂 Mash Records
毎月第1・第3金曜日19:00-22:00
貸しギターあり
参加費1500(1ドリンク付き)

国分寺giee 11月から再開
毎月第3日曜日13:30-17:00
参加費1500円(1ドリンク付き)

横浜のジプシージャズセッション

関内 Little John
毎月第1土曜日14:00-18:00
参加費1000円(1ドリンク付き)

 

バイオリンカテゴリの最新記事