気をつけよう「年を取ると普段から怖い顔になっている!」こと

都知事の去り際について
テレビで取りざたされています。

心のうちは計り知れないけれど
画面では固い表情
挨拶する事もなく去って行かれました。

年を取ると
怒っていなくても
口角は下がり
眉間に皺が刻まれて
不機嫌そうな顔になってしまいます。

道を歩いていても
そんな怖い顔のおばさんを見かけます。

でもきっと怒ってる訳じゃなくて
ただ普通に歩いているだけ。

今ならわかるけれど

若い時は
「意地悪そうなおばさんだな〜
近づきたくない!」

そう思っていました。

そして
今は自分がそうなっている危険がたっぷりです。

「私は怒ってなんかいないし
不機嫌でもないのよ」

といくら言い訳しても
見た目は怖〜い顔に!

ですから
できるだけ口角はあげるようにしています。

一番いいのは
言葉を発する事かもしれません。

怖い顔のおばさんが知り合いにあって
立ち話を始めた途端
にっこりといい笑顔になったのを見て
考えを改めたことを思い出します。

都知事もひとことでいいから

「ありがとう」とか
「お世話になりました」

と言えば
また違った映像になったんだろうな
と思いました。

PAGE TOP